作業療法士の大変なところ|作業療法士になるには

p16_c2_03
作業療法士はという仕事は、多くの人と関わり合いながら進めていきます。
リハビリは人間を対象に行うものなので、相手のことを十分に理解していない務まらない仕事でもあります。
それぞれの人の症状や状態によって、提案するリハビリは変わってきます。
つまり、同じ仕事をすることは基本的にないということです。
しかし、大変な分だけ誇りを持つことができ、やりがいを感じる仕事でもあります。
今回は、作業療法士の大変なところについて見ていきます。
少子高齢化によって、需要が高まる作業療法士はどのようなところに苦労をしているのでしょうか。

大変なところ

作業療法士は患者さんと寄り添いながら、共に改善することを目指していく仕事です。
そのため、作業療法士は患者さんとの信頼関係が必要になるのです。
患者さんとの信頼関係を築き上げるには、コミュニケーション能力が求められてきます。
的確なリハビリを提案するためには、患者さんのことを深く理解してあげなければなりません。
しかし、考えていることや心の内を簡単に話してくれる人はそういません。
作業療法士と患者さんの相互理解が不可欠です。
リハビリというものは、すぐに効果の出るものではなく長期スパンで見ていきます。
徐々に効果が現れるので、患者さんも不安になるのでリハビリについて理解してもらわなければなりません。
様々な不安を抱えている患者さんに対して、どのようにリハビリの計画や今やっていることを説明していくかが、作業療法士の腕の見せ所になりますが。
目に見えないものなので、難しいのです。
作業療法士として、信頼して患者さんに付いてきてもらえるように信頼関係をしっかりと築き上げなければならないのです。

まとめ

作業療法士は患者さんとの信頼関係のもとで、仕事を進めることができるのです。
今やっていること、これからのリハビリ計画をわかりやすく理解してもうために、説明の仕方やコミュニケーションの工夫をしなければなりません。
リハビリは、目に見えないものなので、これまでの患者さんとの接し方やお互いの理解による信頼関係によって、付いてきてもらうしかないのです。
そのため、作業療法士は信頼関係を築いていくための創意工夫が大変な部分でもあり、やりがいの一つとも言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする