作業療法士と地域の関係

作業療法士の就職先は

ビジネス疑問とひらめき

作業療法士を育成している専門学校の就職先は地元と結びついていることが一般的です。

作業療法士を育成する専門学校は全国にあるので、その地域との結びつきの高さが学校の人気の高さにつながるという傾向があります。

これは学校での実習を考えると分かりやすいのではないかと思います。

専門学校で実習を行う場合は地域の施設を訪問することがほとんどです。

例えば老人ホームなどを訪問して無料でケアをしながら勉強をする機会がありますが、これは今までの信頼関係から成り立っているものなので地域の施設といい関係を築かないと学校の運営はままなりません。

そういった関係があるからこそ生徒も資格取得後に地域の施設に就職ができるわけです。

その地域にライバル校などがなければ対象地域が広がっていくので、もともと関係がある就職先の範囲も広がります。

とはいえ就職は個人の力もありますからどれだけ就学中にまじめに学べるかということが問われているわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする