作業療法士になるために専門学校で学ぶこと

作業療法士とは

考える男性医師

作業療法士は障がいを持つ人の、衣食住などの
日常生活に必要な動作の回復をサポートする仕事です。
そのため同職種を目指す専門学校は、4年制のところもあるなど
じっくりと学べる体制を取っているところが多いようです。

専門学校で学べるカリキュラム

ここでは、そんな専門学校で学べるカリキュラムの一例を紹介します。
最初の2年は、リハビリや治療に関する基礎を身に付けていきます。
座学だけでなく、見学や演習を行うことにより理解を深めて行くようです。
3年になったらこれまで学んだ基礎を活かして、臨床実習を行い
他スタッフとの連携や患者さんとのコミュニケーション能力を培います。
4年になったら今までの総点検として、長期の臨床実習や
国家試験に向けた対策を行っていくようです。

実習に多くの時間を費やすため、即戦力で活躍する
作業療法士になるための経験を養うことが出来るのが魅力だと思います。

まとめ

しかし、これだけの勉強をしないと現場に出ることが出来ない
厳しく大変な仕事であるということも言えます。
そのため、国家試験に合格し、働き始めてからも
初心を忘れずに成長しようとする姿勢を持ち続けることが大切かもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする