作業療法の生みの親・ジョージ=バートン物語

生みの親

作業療法の生みの親は、アメリカ人建築家ジョージ=バートンです。

彼は、順風満帆だった建築家をやめて作業療法を生むにいたるまでには、苦しみ、悩みぬいた人生がありました。

彼は、建築家として成功していたちょうどその頃、結核をわずらってしまいます。

そのながきに渡る闘病生活の中で、彼は多くの患者と交流し、作業療法の基礎となる想いを見つけます。

ヘルパーと男性16

別の病気や障害を持っていても、接するうちにお互いが勇気付け癒され、彼は知らぬ間に苦しみを克服している自分に気づいたのです。

この体験がもととなって『レクリエーションや作業(日常生活の活動)は、心身を癒すものだ』ということを広めるにいたりました。

その後、多くの病院関係者や仲間に支えられ、『作業療法推進全国協議会』を発足。

正式に作業療法が誕生しました。

日本に到来

そして、昭和40年に日本に伝わり、日本における作業療法が始まりました。

作業療法が誕生して80年あまりが経ちますが、ジョージ=バートンの体験が無ければこの世に無かったことでしょう。

彼の純粋な思いやりが今でも脈々と受け継がれているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする