国家試験対策を考える

作業療法士の試験について

英語の勉強

作業療法士は国から指定を受けた学校で一定期間学んだ人が、国家試験に合格して取得できる資格です。

国家試験は一年に一度しかないので落ちるわけにはいかないと誰もが思うわけです。

専門学校では

それに対して専門学校は出来るだけ多くの生徒が国家試験に受かるように、できれば全員が合格するように指導を行っています。

これは「国家試験合格率○○%」と出るとそのまま学校の宣伝になって多くの入学者が見込めるからです。

そのための底上げの授業をそれぞれの学校が工夫をして行っています。

カリキュラムの中では学習時間が足りずに補修として時間外で取り組んでいる学校もあります。

元々国家試験自体も簡単ではないですから実習以外の座学の時間を増やすのは理解しやすい流れです。

作業療法士の資格取得も同じであり覚えなければならない専門的なことは多くあります。

医療系専門学校のHPに各学校での取り組みが掲載されているのでそれを元に勉強具合を考えてもいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする